バンコク 一人旅

旅の費用をできるだけ抑えるためには旅先までの費用と旅先までの費用、両方を節約する必要があるのですが、まずは旅費を減らす方法を解説したいと思います。

 

航空チケットの値段と言うものは、実はその飛行機が離着陸する飛行場によっても変動するもので日本においては地方航空よりも成田、関空などの大手の国際空港に離着陸する飛行機のほうが、チケットが安く買えるようになっています。

 

関西在住の方の場合、直通ではなく香港などを経由する必要が出てきますがLCCを利用する事ができれば更に旅費を削減する事が可能です。

 

またオフシーズンに旅行することのよって旅費はもちろんのこと、宿泊先の宿泊費も抑えることができるので更に費用を節約する事が可能です。タイでのオフシーズンは三月、六月、十月、十一月頃で中国からの旅行客が増える旧正月すなわち二月頃が価格のピークとなります。ただしオフシーズンでも週末や連休などは高額となる場合もあるので、とにかく最安値を狙うなら平日から行くのがベストでしょう。

 

 

現地のホテルの価格については、先に書いたように旅行する時期も重要ですが、やはりそれぞれのホテルのランクに一番影響されます。

 

ツアーなどの場合高級ホテルでも割安の価格で泊まることが出来たりもしたりしますが、やはり最安値を狙っていくならツアーを使わずにLCCを利用して、現地では安いホテルを利用する事が最善でしょう。

 

中級グレードのホテルなら1300バーツから3000バーツ、高級ホテルなら3000バーツから7000バーツと時期などによってある程度の予測は可能ですが、宿泊代は常に流動的ですので自分が行く時期に合わせてインターネット上のサイトで確認することをオススメします。

 

このほかにも最近では、サービスアパートという宿泊施設がバンコクを中心に増えてきており、ここはネットが無料など様々な特典を売りにしていて同じグレードのホテルと比較して割安で宿泊する事ができることから、サービスと費用の面を考えると一番オススメしたい宿泊施設です。

 

他にも、タイの場合はバックパッカーが多いと言う事情があるのでそのような人たちに向けたゲストハウスという宿泊施設も充実していて、そのような施設を利用した場合、ホテルやサービスアパートを利用する場合より格安で宿泊する事が可能です。

 

ただしやはり前者の二つよりは宿泊施設としての質は低くなってしまうので自身の好みや要望と相談して宿泊先を決めてみてください。